キャッシングしたケースは、支払う時には利率を乗せた払いになるのは誰もが知っていると思います。

金融会社は営利を目当てとした会社なのですから当たり前です。

とはいえお金を返す方は、ちょっとでも少なく払いたいと考えるのが本心でしょう。

利息制限法が定められる一昔前は、年間30%近い利率返済していましたが、施行後は高金利でも18%位といくぶん低く決められているので、とってもお得になったような気がします。

今日のローンの利率の枠は4%位から18%位の枠に定められていて、利用可能額により設けられます。

使用可能額は申請者の査定によって決まります。

総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、年収がどれくらいあるのか?どんな職業についているのか?キャッシングカードの使用状況はどうなのか?あれこれ見られ貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決まることになります。

カードローンの場合使用可能額が10万円〜800万円(各社で金額は変わります)と広い幅があります。

そうしてその幅の中で定めた使用可能金額により利子も決まるはずです。

50万円なら年間18%、300万円なら年間12%、800万円なら年間4%といった感じになるのです。

結局、査定が良ければ、与信金額も多くなり、金利も下がるはずです。

この利子に矛盾を感じるのは自分だけでしょうか?余談となってしまいますが、銀行又は金融機関にとって、これらは問題がない事でしょうが、年収の多い人がキャッシングが必要とは考えずらいですし、仮に借りたとしても金利がどうであるとお金を返す事に苦労する事はないのです。

反って収入の低い人はすぐさま必要なので融資を受けるという方がいて、金利が良くないと支払いに苦労するようになります。

ですので可能幅の良くない人こそ低利子で利用できるようにすべきです。

この考えは使用するサイド側としての意見ではあります。

これらの事を考えると、利子を安くする為にはどのようにすれば良いのか何となく気付いたのではないでしょうか。

現にこれから記述方法で、手続きを申し込む人が大勢いるので知らせますと、クレジットカードの手続きをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円でそのカード審査で満額通ればその分だけ金利が低いキャッシングできるカードを持参することができると思います。

とは言っても全額使わなければならないという事はありません。

10万円でも20万円でも必要な分だけの使えます。

そして上限利用可能額が300万円で最低利息年7%位のローン会社もあります。

そちらを申請すればその金融会社の最低金利で返済できるようになります。

どうですか?やり方次第で低金利のキャッシングカードを持参することが出来るのです。

自分自身の年の収入とカード業者の利子を照らし合わせて、考える事に時間を割けば、より望ましい契約で返済ができるのですから、面倒だと思わず確認するようにしましょう。