ショップで全てのクレジットカードが使用可能なのでもありません。

◆カードの契約店は複数のクレジットカード会社に入っていますが残念ながら契約店舗で一切のタイプの切れるんではありません。

例をあげれば昔ながらの契約店舗の際だとJCBの書いたそのクレカしか決済不可な場面もあるし、近頃の契約店ではVISAとかマスターといったロゴの入ったものだけしか決済不可な場面もあります。

銀聯なんかのカード会社なら、もっともっと切れない店舗が多いでしょう。

何の印の所有カードが切れるかをどうやって見分けたら良いのか?「ではいかなる方法で何の印の所有クレジットカードが切れるかを見たらいいのか?」という質問ですが、本当のところを判断するためには該当店舗の従業員に見せてみる以外ないていうのが正直ながらその回答です。

だがたいがいの商店やレストランにはエントランスのスペースに使えるカードの印が入った認証ステッカーが掲示されているんで、「そうか、そこの店はアメリカンエキスプレスカードが決済できるんだ」といったことが困らないようになってるため確認しておいていただけると思います。

反対に、きっちりと確認が出来ていない加盟店舗で用いる際にはシールが貼り付けられているのに「現在ではそのクレジットカードは使えません」といった回答を受けるなどという状況もないといえなくもなく途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

できる限りはより多くの加盟店でクレカが有効であるようにしようとすると別の種類のグループ(海外マーク)が入っている一般的なビザカードマスターカードJCB、というようなクレカを2枚以上は携帯するようにお勧めします(例として:JCBをすでに持っているなら次はアメックスがついているカードを携帯するようにする等)。

海外に出ないならVISA、MasterCard、JCBの3つのカード会社が書かれているクレカをその都度所持していればだいたいほとんどの加盟店で少なくとも1枚のカードを提示する機会があります。

クレジットカードを使いこなして有効にカードライフを目指すならば、できる限り早めにそれぞれのカードを所有しておいてほしいとおもいます。